歯を失ってしまった方へ

3種類が基本。「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の中で通院回数、費用など考慮してお客様の希望に合うものを一緒に選びましょう。

歯を失ってしまった方には3種類の治療法が基本。素材や通院回数、費用、口の中の状態なども考え合わせてベストなものを患者様に薦めています。

処置

歯が抜けてしまった、失ってしまった方の処置は「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3種類が一般的。それぞれ長所や短所がありますが当院では、患者様としっかりお話をして希望を伺いながら治療の選択肢を出すように心がけています。

入れ歯

種類が相当数あり、値段や素材もピンからキリまである入れ歯。
素材や通院回数、費用、口の中の状態なども考え合わせてベストなものを患者様に薦めています。

金属床義歯

歯肉に当たる部位を薄い裏打ちした金属で作ることによって、食べ物の熱を感じることが出来るのがメリット。自費なので金額は少しかかりますが、保険のものに比べて薄き違和感もほとんど無いので最近主流になっている義歯のひとつです。

ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)

一般の入れ歯のように金属を使わず、プラスチックで出来た床を使って支えるため、他の歯への負担がかかりません。フィット感もとても良いと評判です。歯肉に近い色で目立たないので入れ歯ということを忘れてしまう方も。高齢者の方は歯と歯茎の間に隙間が出来やすいですがノンクラスプデンチャーだと隙間を塞ぐような効果も。息漏れがなくなったりもします。また歯肉がくすんでいたのが薄いピンク色になり若返ったと喜ぶ方も。

ブリッジ

ブリッジは、失ってしまった歯の両隣に土台を作り人工歯を支えて歯を修復する治療方法。残っている両隣の歯を削る必要があるのはデメリットですが、違和感が少なくインプラントよりも安い金額で出来るのが大きなメリットです。

インプラント

フィクスチャーという人工歯根を埋め込み、人工歯を上から付ける治療方法。
インプラントは自費診療なので、きちんとしたものを作ると高額になってしまうのがデメリットです。しかし独立していて左右に頼らず動かないので強く噛めるというメリットがあります。

  • 当院が掲載されました! 内木 重光院長 Docter's File
  • 横浜でも診療しています! 藤が丘内木歯科医院 Fujigaoka Naiki Dental Clinic
03-3410-0738